ナニナニ製菓 北海道西いぶり・カラダにやさしい焼菓子とパンの店

nsb7272.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 15日

お店を出す場所について

おはようございます。こんにちは。こんばんは。
営業担当のタカユキです。

さて、お店を出す物件は、北海道室蘭市の
シャンシャン共和国という商店街にあります。

ちなみに、シャンシャン共和国とは…
昭和60年に、地域を愛するイベント好きな商店主が、遊び心に商魂をマッチさせて創りあげた全国初のパロディ商店街です。(室蘭市ホームページより)

f0312253_4563325.jpg


補足すると、商店会長=大統領、商店会副会長=副大統領…ってな感じです。マジです。

この商店街には、ボクの実家がありました。
現在は近隣に引越ししてしまったのですが、
以前は、おもちゃ屋、プラモデル屋、絵本屋などを営んでいたのです。

お店を出すにあたって、伊達市や洞爺湖周辺なども検討したのですが、
結局、ここに落ち着きました。





理由は、主に5つ。
1、お世話になった(迷惑をかけた?)方々が大勢いらっしゃる。
2、実家と保育所が近い。
3、北海道西いぶりの食材を調達するにも、何するにも便利。
4、物件が広いので、お店兼住宅に改装できそう。
5、大家さんが良い方。

まず、「1」ですが、かなり差し引いても、
あまり、おりこうさんとは言えない
少年時代を謳歌していたワタクシなので、
このあたりの大先輩方から見れば、
「あのタカちゃんがねぇ。何とか結婚して、子どももできて、一人前……には見えないけど、半人前ぐらいになって帰ってきたのねぇ。何だか泣けるわ。オイオイオイ(泣)」
という感じなんだと思います。
北海道に戻ってくるにあたり、お店をこの商店街以外に出すというのはないかな…
というのが、まず「1」。(マーケティングとか、そういうのと次元が違う浪花節)

次に「2」。これは何かと都合が良いのです。
甘えてるわけじゃないんですよ。ほんとに。
あと、お子様をお持ちの皆さま、おわかりですね。以上。

次に「3」。いろいろ動いてみると、ちょうど良い感じなのです。これが。

だんだん、説明が雑になってきましたが(やや眠い)、
はい、次に「4」。
これは大きい。店舗物件に加えて、家も借りたら…と考えると、空恐ろしいです。

次に「5」。これはご縁!
“大家さんは、親同然” という父の教えに基づいています。
魚を釣ったら、まずは大家さんに連絡入れてます。

…という感じで、お店を出す場所が決まったのです。

何かにつづく。

by 7272sb | 2013-11-15 10:00 | オープンまでの道のり | Comments(0)


<< 何にもない物件。さて、どうやっ...      はじめまして。営業担当のタカユ... >>