ナニナニ製菓 北海道西いぶり・カラダにやさしい焼菓子とパンの店

nsb7272.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 17日

何にもない物件。さて、どうやってお菓子屋に??

おはようございます。こんにちは。こんばんは。
営業担当のタカユキです。

オープンに向けて、バッタバタバタの「ナニナニ製菓」です。

さて、この物件、飲食店の居抜きではなく、
もともとはレンタルスペース(多目的ホール)だった場所。
さらにその前は、ダンススタジオ?? だったらしく、
入って右側面はずら~っと鏡張りでした。
そして、そのさらに前はブティックだったようで、
奥のほうには試着室なんかもありました。

f0312253_22204741.jpg

↑店構えがこんな感じ。ガラス面がレンタルスペースで、看板がブティック…ってオイ!(笑)
 そんなユルさも嫌いじゃないのですが。

f0312253_22222540.jpg

↑中はこんな感じ。向かって右側に鏡がずら〜り。

…ということで、お菓子屋に必要な
水まわり、ガスまわりなどがほとんど備わってません。
ガラーンとした大きな箱なので、壁などもほぼなし。
さらに、空調もナッシング。



ただ、良いのは、広い!ってこと。
3分の2を店舗と厨房に使ったとしても、
残りの3分の1で住めそうなぐらい広い!

住めるとなれば、他に家を借りなくてもいいし、
何かと仕事もやりやすい……。
その他の条件は良いので、よーし、ここに決めた!

北海道に本格移住する前に
レイアウトなどを考えておこう!
ということで、東京在住中にいろいろ考えてみました。

とりあえず、今まで、なをちゃんが働いてきたお店はどうなっていたのか振り返ってみる。

f0312253_22314061.jpg

f0312253_2251307.jpg

f0312253_22552939.jpg

↑改めて、思い出してみると、「なるほど、そうだったか…」と考えさせられる点などもあり。

お菓子屋、パン屋、カフェなどの雑誌・本なども参考にしつつ、
かつ、自分たちの希望も反映させて、
あーだ、こーだとレイアウトなどを検討。

f0312253_22261222.jpg

↑オヤジから「実際に置くものを模型にして、レイアウトを考えるとイメージしやすいよ」
 とアドバイスをもらったので、実践してみる。ほぉほぉ、たしかにイメージしやすい!

f0312253_22573341.jpg

↑店構えはこんな感じにして…。


さて…、その後、紆余曲折を経ておおよそのことは決まりました。
でも実際、そんなに上手くいくの??

つづく。

★Facebookページに「いいね!」をお願いします。これでゴハンが食べられます。
https://www.facebook.com/Hokkaido7272

by 7272sb | 2013-11-17 23:39 | オープンまでの道のり | Comments(0)


<< スムージーに合う、フライパンで...      お店を出す場所について >>